matsushou’s

まつしょうのあれやこれ

不動産投資やりたいけど何だかんだ先送りになってる

style.nikkei.com

高いんです…。

不動産投資やりたいな

元々資産運用としての不動産投資に興味があり、本も読んだし、頭金も貯めたし、業者にもアポを取っています。
不動産投資の良いところは、何と言っても借入金で投資が出来る点です。
同じくらいの利回りが出せるものは他の投資でもありますが、自分の持っている以上のお金を使って投資できるものはなかなか無いです。
(FXとか先物など信用取引も借入で投資できますが、不動産投資より値動きが激しい分リスキーです)
そんなわけで、不動産投資をスタートするのを楽しみにしていました。

不動産投資やれないな

しかし!

買いたい物件がない…。

びっくりしました。
楽待とか健美家とか、あれだけ物件が載っているのに、スクリーニングすると購入に値すると思えるものがないです。
価格が高い(=利回りが低い)です。
たまに、「おっ!」って思う物件があって、良く良く調べてみると市街化調整区域だったり、借地権だったりで、利回りが高くなっているものばかりです。
※買い手に敬遠されるので、安くしないと売れない

ちょうど折り悪く不動産投資ブームが来ていることもあり、今の利回り(価格)で需給バランスが取れてしまっています。
自分の希望利回りはその均衡点より高いので、今だと相場以上の利回りの物件がひょこっと出てきた時に買う必要があり、それは業者とのコネクションが無いとやっぱり厳しいですね。

チャンスに備えよう

ただ、逆に言えばこの先市況が冷え込み、自分の希望利回りぐらいで需給バランスが取れれば、買えるものがたくさん出てくると思うので、焦って今買わなくても良いかな、と思い始めました。

東京オリンピック前(来年、再来年ぐらい)に利益確定売りでだいぶ価格は落ちると見込んでいるので、その時までキャッシュと知識を蓄えておこうかと考えています。


「不動産投資の何が良いのさ」って方には以下がおすすめです。
不動産投資のメリット・デメリットと投資の流れが分かります。

世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生


また、今焦って買わない方が良いかなと思えたのは下記の本のおかげです。
ざっくり要約すると、だいたい物件の種別や立地毎に期待利回りは決まっていて、それを実際の利回りが下回っている間は買わない方が良い、という話です。
不動産の値段もゆるやかに上下するので、他の商品同様に、安い時に買って高い時に売るのが鉄則ということですね。
この本は筆者がコンサルティングした実際の物件や収支の例が豊富に載っているのも良いです。
(富裕層向けのコンサルティングをしてる方なので投資額が大きく、直接参考にはしづらいですが…)

不動産バブル崩壊!  その時こそがチャンス! !  5%の

不動産バブル崩壊! その時こそがチャンス! ! 5%の"勝ち組"投資術


幸運は用意された心のみに宿る」と言うので、僕は今から用意しておこうと思います。

ではでは。

(SPONSORED)