matsushou’s

まつしょうのあれやこれ

若者は投資ではなく投機すべき

f:id:matsushou:20170507135648p:plain

生き急ぐなら投資をしている暇はなかった。
(こないだと言っていること変わるけど)

資産を増やす時期と守る時期

まず「投資」と「投機」の区別ですが、ざっくり以下のように使い分けます。
(他にも色々定義の仕方はあると思いますが、自分の認識はこんな感じです)
・投資:対象の将来性に期待して資本を投下し、長期間(数ヶ月〜数年)でリターンを得ること
・投機:対象の直近の値動きやブームに着目して資本を投下し、短期間(数分〜数日)でリターンを得ること

資産運用には、資産を増やす時期と守る時期があり、時期によってやるべきことが変わります。
言いたいことはお分かりかと思いますが、「増やす時期には投機をして、守る時期には投資をしよう」ってことです。

例えば自分のような20代や30代は、言うても大して資産が無いので、守るより増やす時期にあたります。
一方で50代、60代といった世代は、明らかに資産を増やしに行く必要が無く、守る時期にあたります。
増やすというのはリスクを取る必要があり、失敗しても若いうちならリカバリーできますが、年をとってからだと時に深刻な自体を招くからです。

投資している場合ではない

自分の個人的な目標ですが、働かないでも食べていけるようになりたいです。
具体的には月50万ぐらいのインカムゲインが欲しいです。
インカムゲインはどちらかといえば投資と結びつきますが、月50万(年600万)を年利5%の投資で生み出すには元手が1.2億ほど必要です。(※)
その1.2億を作るためには、月10万を積み立てて年利7%で運用したとしても30年かかります
(7%は投資では結構チャレンジングな利回りですけどね…)
www.rakuten-sec.co.jp

30年後で十分とか、積立額を増やせばもう少し早く出来るとかいう話はあるかと思いますが、自分は早く(5年以内で)達成したいです。
そう考えると投資で資産を増やすスピードは遅すぎるので、投機をやる必要があります。

※不動産投資なら借入金が使えるため、月50万のインカムゲインに1.2億は不要ですが、利子返済があるのでより高い利回りが必要です。

今後の運用計画

今ある余裕資産の7割は引き続き投資(投信積立)に利用しますが、3割は投機に利用します。
投機に全部突っ込まないのは、途中で不動産投資に移行する可能性が高いので、いくらかは守っておく必要があるからです。
(1.2億を5年で目指すのはそれなりにキツいと思うので…)

投機対象として有力なのはFXのスキャルピングです。
仕事が終わった後の時間帯でも出来るから、またレバレッジが程々にかけられるからです。
10pipsを取りに行く勝負を当面は1万通貨で練習します。(1000円勝つか負けるか)
なお、FXはこれまで何度か負けているので、ルールを決めて機械的にトレードすることは肝に銘じます。

ではでは。

(SPONSORED)